想像力を鍛えろ

私は、SEにとって一番大切な能力が『想像力』だと思っています。想像力は様々な場合に効果を発揮します。列挙しても切りがありませんが、容易に思い付くのは、次の様な場面でしょうか。

  • システム開発範囲を決める
  • 業務フローを決める
  • 項目仕様を決める
  • 外部仕様を決める
  • システムテスト仕様を決める
  • 移行仕様を決める
  • 利用者受入テスト仕様を決める

いわゆるSEが担当する殆どの業務が該当すると言っても過言ではありません。

想像力が活かされるのは、基本的な流れから外れるケース(=特殊ケース=例外)を抽出する時でしょう。この例外をシステムにどう盛り込む事が出来るかが、システムの骨組みの強化に繋がるのです。あらゆる例外をシステムで対応する必要があるとは言っていません。運用で回避する事が出来れば、システム化をしなくても何とか業務は遂行出来ますから。

システムを稼働した後に、業務が「どん詰まり」の状態にならない様にする為にも、想像力を鍛えましょう。

コメントを残す