入力書を元に画面の構成を考える

当り前のことでも、これができていないSEをよく目にします。
システムを新たに作成する場合に発生しがちです。元の画面構成を独自で変更し、インプットである入力書の構成と 全く違う画面を作成してしまうのです。入力書と入力画面が一致していないと、非常に入力しづらいのです。SE自身が 実際に行ってみる事を勧めます。
入力書と入力画面はワンセット。入力画面が大きく変わるのであれば、それに合わせて入力書のレイアウトを変更しま しょう。入力書のレイアウト作成もSEの大事な仕事の一つです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください