目標と夢は大違い

大きな目標を持つ事は良いことだと思います。
しかし、その大きな目標があまりにもぼんやりとしたものだとしたら、それは目標になっていない事に気付くべきです。
目標と夢。これらは似ているようで、全く別ものです。
目標とは、夢を現実化する為に、何を行うべきか、その過程が把握できている状態のことです。過程が単なる手順だけ でなく、日程計画まで作成できていれば、よりすばらしいですね。
言い換えれば、実現化プロセスが見えていない様であれば、目標と思っていても、それは夢なのです。
実現させる為に何を行えばよいのか、課題が何であるのかを詳細に洗い出し、一つ一つを消化していくのです。最初から 全てが見えている必要はありません。途中で課題が増えるのは、システム開発の手順と同様で、良くあることです。 ローリング・ウェーブ計画法で良いので、アウトラインから目標までのプロセスを「見える化」させましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください