手を動かせ! 文字化しろ!

複雑なものを考える場合の話です。
人は頭だけで考えられるパターンは、せいぜい4つ~6つぐらいです。それ以上は、抜けが発生したり、または同じこと ばかりを繰り返し考えてしまいます。
そんな時は、うじうじ考えてばかりいないで、手を動かし、思いついた事を片っ端から文字にしましょう。文字にすることで その情報を基に、次の4つ~6つを考える事ができます。
書けるだけ書きましょう。膨大だと思っていたものも、10個にも満たない程度であった事に気付かされるのも少なくありま せん。
パターンの漏れを無くすには、マトリックスを利用する事も重要です。
書き出したら、次に、それを整理しましょう。グループ化したり、順番を考えたり。最初から正解は分からないものです。 失敗する事を恐れず、何度もトライする事を覚悟して、整理をしてみましょう。30分~1時間もあれば、あぁでもない、 こうでもないとやっているうちに正解なのか正解に近いものが見えてくるはずです。
この整理する作業の時に、ロジカル思考のスキルがあるとより早く正しく整理することができます。
情報が整理されると、かなり気分がすっきりします。今までうじうじ考えていたあの時間は何だったのだろうという気持ちに なると同時に、かなりの達成感に包まれます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください